Kali Linux, Rolling Edition – 2016.1


 Kali Linux は ディストリビューションのリリース形態を ローリング・リリース モデル に変更するとのことで、2016年1月21日、Kali Linux Rolling Edition 2016.1 をリリースしました。

https://www.kali.org/news/kali-linux-rolling-edition-2016-1/

 従来の最新バージョンであった Kali Linux 2.0 については、リポジトリの EOL が 2016年4月15日 とのこと。
 もうそろそろ期限を迎えるので、手持ちの Kali 2.0 を ローリング・エディションに変更してみました。

 

 アップグレードの手順は kali のサイト に記載があるとおり、

# cat << EOF > /etc/apt/sources.list
> deb http://http.kali.org/kali kali-rolling main non-free contrib
> EOF

# apt-get update
# apt-get dist-upgrade
# reboot

 /etc/apt/sources.list の内容を書き換えて、apt-get すると ローリングエディション版に更新されます。

 

 私の環境だと、

アップグレード: 1944個、新規インストール: 525個、削除: 93個、保留: 0個。
2,626 MB 中 1,690 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 2,444 MB のディスク容量が消費されます

でした。 

 ・・・アップグレード 1944個、新規インストール 525個、けっこう変更されますね。。。 
 今回は、Kali 2.0 マシンが LTE 経由でネットにアップリンクしてたのと、低スペックな仮想マシン上で実行したことも相まって、終わるまで9時間くらいかかりました。。。

 .iso ( kali 2016.1 のダウンロードはこちら https://www.kali.org/downloads/ ) からクリーンインストールしたほうが早かった。。。かも。

 

 アップデート完了後のカーネルとバージョン情報はこんなでした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です